ここから本文です

<カーリング>“メガネ先輩”らの要請文受け取った体育会、パワハラ問題に関する調査に着手=韓国

11/9(金) 14:09配信

WoW!Korea

2018年平昌オリンピックで“ヨンミ”シンドロームを起こした女子カーリング韓国代表“チームキム”の内部事情が暴露され物議となる中、大韓体育会が調査に着手する。文化体育観光部と合同で監査がおこなわれる予定だ。

カーリング女子韓国代表チーム(平昌五輪)の紹介と写真

 スキップのキム・ウンジョン(27)をはじめ、キム・ヨンミ(27)、キム・ギョンエ(24)、キム・ソンヨン(25)、キム・チョヒ(22)で構成されたチームキムは去る8日、SBSとのインタビューを通して、キム・ミンジョン代表監督(37)と彼女の父親であるキム・ギョンドゥ元大韓カーリング競技連盟副会長(62)が自身らに暴言を吐き、大会賞金を着服した暴露した。

 選手たちによると、キム・ギョンドゥ元副会長から低俗な言葉を浴びせられ、五輪終了後にはキム・ミンジョン監督の息子の幼稚園行事に呼ばれたこともあると訴えた。また、キム・ミンジョン監督は五輪期間中、選手インタビューを過度に統制したこともあり、内部問題が外部に漏れないよう意図的に防いだのではとの疑心をあらわにした。さらに、2015年以降に獲得した6000万ウォン(約600万円)以上の大会賞金がどこに使用されたのか分からないとも主張した。選手たちは1度も賞金を配分されたことがないとのことだ。

 チームキムの選手たちは自身が受けた不当な待遇を盛り込んだ14ページに及ぶ要請文を6日付けで作成、大韓体育会と慶北道(キョンブクト)体育会、そして義城郡(ウソングン)に発送した状態だ。

 大韓体育会の関係者は9日午前、「前日(8日夜)体育会に要請文が到着した。正式に体育会内クリーン申告センターが受け付け、調査に着手する」と明かした。

 クリーン申告センターは会計不正、勝負操作、審判不正、金品授受など体育団体・職員および体育団体の不正事案を申告・相談する機関だ。体育会側は「文化体育部と合同監査を実施する計画だ。直ちに会議を進め、具体的な日程を定める」と付け加えた。

 チームキムの選手たちが作成した長文の要請文には、■競技出場が必ず必要なのに、国家代表選抜戦をはじめとして大会に出場するなとの指示を受けた■キム・ギョンドゥ副会長とキム・ミンジョン監督、そして監督の夫であり教授の婿であるチャン・バンソク監督がチームを導く状況で、正しい練習が進行されていない■五輪にキム・ミンジョン監督を選手として送り出すために、キム・チョヒ選手を意図的に除外させようとした■各種悪口はもちろん、私生活も監視するなど選手の人権が守られずにいる、などが含まれていた。

最終更新:11/9(金) 14:09
WoW!Korea

あなたにおすすめの記事