ここから本文です

アウディ SQ7 改良新型、フロントマスク刷新で2019年デビュー!日本導入は

11/9(金) 17:00配信

レスポンス

アウディの大型クロスオーバーSUV『Q7』に設定される高性能モデル『SQ7』改良新型プロトタイプを、カメラが初めて捉えた。

[関連写真]

初代「Q7」は、2006年に同ブランドのフラッグシップSUVとして発売。その後2016年に現行モデルである第二世代へバトンタッチされた。その改良新型モデルが今回捉えた開発車両だ。

先日キャッチしたQ7同様にヘッドライトデザインを刷新。SQ7は、ダイナミックなターンシグナル機能を持つデイタイムランニングライトを装備し、差別化がされるようだ。グリルには、力強い縦スラットが装着されているほか、コーナーエアインテークもスポーティーなデザインに変更された。

さらにサイドスカートやフェンダーもリフレッシュされ、クワッドエキゾーストパイプはスクエアから円形に変わっているのも見てとれる。テールライトは現行モデルのものだが、今後デザイン変更が予想される。

パワートレインは、電動式コンプレッサーを備える4リットルV型8気筒ディーゼルエンジンがキャリーオーバーされる見込みだ。ターボラグを排除する48Vマイルドハイブリッドにより、最高出力435ps、最大トルク900Nm、0-100km/h加速は4.8秒のパフォーマンスを誇る。

ワールドプレミアは、Q7同様に2019年内が予想されている。SQ7は日本で発売されておらず、改良を機に導入が期待される。



《レスポンス 子俣有司@Spyder7》

最終更新:11/9(金) 17:00
レスポンス

あなたにおすすめの記事