ここから本文です

初出場の札幌大谷が名門・龍谷大平安を破って8強進出

11/9(金) 14:20配信

デイリースポーツ

 「明治神宮野球大会 高校の部1回戦 札幌大谷6-5龍谷大平安」(9日、神宮球場)

【写真】近畿Vの龍谷大平安 「梅干しじいちゃん」野沢完投

 初出場の札幌大谷(北海道地区代表)が龍谷大平安(近畿地区代表)を下し、8強に進出した。準々決勝は国士舘(東京地区代表)と対戦する。

 序盤に相手のミスで主導権を握った。初回1死一、二塁。4番・西原健太投手(2年)が放った三ゴロで併殺かと思われたが、三塁・奥村真大内野手(1年)が二塁へ悪送球で1死満塁とした。

 さらに5番・石鳥亮外野手(2年)も投ゴロに打ち取られたが、併殺を狙った野沢秀伍投手(2年)が二塁へ悪送球。幸運な形で2点を先制した。その後も連打や遊撃の野選も絡んで初回に5点を先制した。

 先発・西原は5回まで無失点。六回に内野の2失策が絡んで4点を失うなど7回5失点で降板したが、リードを守り抜いた。2番手・太田流星投手(2年)が2回無失点。強豪の反撃を振り切った。

 船尾隆広監督は名門撃破に「いつも通りの雰囲気でやってくれた」と笑顔を見せた。2年生には札幌大谷シニア時代に全国大会に出場し、神宮球場でプレーした選手が多い。「(六回のエラーなど)ミスも多かったけど、気にして欲しいと思うぐらい気にしない。図太いのは、中学時代の経験が生きているのかな」と苦笑いで振り返った。

 京都3位から近畿大会を制した5年ぶり4度目の出場だった龍谷大平安は、序盤のミスが響いて初戦敗退となった。

あなたにおすすめの記事