ここから本文です

Switchで音楽制作「KORG Gadget」にセガ、タイトーの音源登場

11/9(金) 14:14配信

Impress Watch

Nintendo Switchを使ってゲーム感覚で音楽制作が楽しめるコルグのソフト「KORG Gadget for Nintendo Switch」と、セガ、タイトーのコラボが実現。アウトランやアフターバーナーなど、往年のアーケードゲームを中心としたセガのリズム音源ガジェット「OTORII」と、ダライアスやニンジャウォーリアーズなどのシンセ・サウンドが楽しめるタイトー「EBINA」が、2019年春にリリース予定。

【この記事に関する別の画像を見る】

「KORG Gadget for Nintendo Switch」(税込5,000円)は、SwitchのJoy-Conを傾けたり、回したり、アクティブに動かして操作や演奏ができるソフト。最大4人で協力して曲作りできるマルチプレイモードも搭載する。

シンセサイザーやドラムマシンなど、16個のガジェット(シンセサイザー音源)を用意。バンダイナムコスタジオと共同開発した、往年のビデオゲームサウンドを奏でるシンセサイザー「Kamata」なども搭載している。

今回発表されたのは、このガジェットの新たな追加ラインナップ。10月28日に開催された、M3-2018秋「コルグ x DETUNE」ブース内で行われたスペシャル・トーク・イベントにおいて、DETUNEの佐野電磁氏、セガ・インタラクティブのHiro師匠、タイトー/ZUNTATAの石川勝久氏、下田祐氏から予告された。

セガゲームスとセガ・インタラクティブが手がけるガジェット「OTORII」は、アウトランやアフターバーナーなど80年代に人気を博したアーケードゲームを中心に、ドラム・サウンドや効果音を実機から新たにサンプリングしたもの。

メガドライブをモチーフにした、16-BITロゴの懐かしいデザインになっている。

タイトー/ZUNTATAの「EBINA」は、アーケードのダライアス筐体をモチーフにした、3画面が特徴的なデザインのシンセ・ガジェット。

ダライアスやニンジャウォーリアーズなどのアーケードゲームからシンセ・サウンドを収録。タイトーとのコラボレーションにより、FM音源サウンドを中心にサンプリングし、アーケードゲームそのままの音を再現するという。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:11/9(金) 14:14
Impress Watch

あなたにおすすめの記事