ここから本文です

近畿王者・龍谷大平安がミスに泣いて初戦敗退 明治神宮大会

11/9(金) 15:13配信

デイリースポーツ

 「明治神宮野球大会・高校の部1回戦、札幌大谷6-5龍谷大平安」(9日、神宮球場)

 5年ぶり4度目の出場となった龍谷大平安(近畿地区代表)は、初出場の札幌大谷(北海道地区代表)に敗れて1回戦で姿を消した。近畿地区の初戦敗退は4年ぶりとなった。

 初回が全てだった。一回1死一、二塁。三ゴロで併殺かと思われたが、三塁・奥村真大内野手(1年)が二塁へ悪送球して1死満塁としてしまった。

 さらに次打者の投ゴロも併殺を狙った野沢秀伍投手(2年)が二塁へ悪送球。原田英彦監督は「0点で終われたのに、浮き足立っているというか、内弁慶というか…。何も考えずにやっている。このチームの悪いところが出た」。その後も連打や遊撃の野選も絡み、初回に5点を奪われた。

 秋季近畿大会では2度サヨナラ勝ち。決勝・明石商戦は1点を追う延長十二回に逆転サヨナラ勝ちするなど、劣勢で強さを見せてきた。この試合も六回に1点差に追い上げたが、一度もリードできずに敗れた。

 京都3位から近畿大会を制した“下克上”は不本意な形でストップ。原田監督は「滑り出しでああいう形になって、京都大会の時のチームに戻ってしまった。近畿チャンピオンにならないと来れないところまでよくやったけど、せっかく出場させてもらったのに、近畿の皆さんに申し訳ない気持ちです」とうなだれた。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ