ここから本文です

三菱自、ピックアップトラック新型「トライトン/L200」世界初公開 力強いデザインと走破性

11/9(金) 19:09配信

ITmedia ビジネスオンライン

 三菱自動車は11月9日、1トンピックアップトラックの新型「トライトン/L200」をタイ・バンコクで世界初披露した。11月17日からタイで販売を開始し、東南アジア、オセアニア、中東、欧州、アフリカ、中南米など約150カ国に順次展開する。

【力強く堂々とした「トライトン/L200」のデザイン】

 「トライトン/L200」は、誕生から40周年を迎える。2017年度の販売台数は、主力スポーツタイプ多目的車(SUV)「アウトランダー」に次ぐ約16万台。日本では販売していないが、重要な世界戦略車として位置付けている。

 新型では、「究極のスポーツ・ユーティリティー・トラック」をコンセプトに、力強いデザインや走破性を高めた四輪駆動システムなどを採用している。

 デザイン面では、フロントフェースに新世代のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。高いボンネットフードによって厚みを持たせ、ランプ類を高い位置に配置し、力強く堂々としたフロントフェースに一新した。また、ボディーサイド全体の厚みを増やし、安定感を加えた。

 四輪駆動システムには、新たに「オフロードモード」を採用。「GRAVEL(未舗装路)」「MUD/SNOW(泥道/新雪)」「SAND(砂地)」「ROCK(岩場)」の4モードを設定している。タイヤのスリップ量をコントロールし、悪路での走破性を高めることができる。

 安全装備も充実させた。歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキシステム、車線変更時に起こりやすい接触事故を回避する後側方車両検知警報システム、発進時の誤操作を防止する誤発進抑制機能などを搭載している。

 18年度は、新型モデルと現行モデルの合計で約18万台の販売を計画。同社の益子修最高経営責任者(CEO)は「『トライトン/L200』は極めて重要な世界戦略車の一つ。当社の持続的成長には、今回投入する車の成功が不可欠。今回の改良では、初代から40年間で培った耐久性、信頼性および快適性にさらに磨きをかけるとともに、デザインを力強く堅牢なものに一新した」とコメントした。

ITmedia ビジネスオンライン

あなたにおすすめの記事