ここから本文です

ロッテ・二木 「大王」王柏融を直球でねじ伏せる 台湾ラミゴ戦で5回2安打1失点 

11/9(金) 21:52配信

スポニチアネックス

 ロッテの先発・二木康太投手(23)は台湾ラミゴとの国際親善試合第1戦(桃園国際棒球場)に先発し、5回2安打1失点と好投した。

 「最低限の投球はできたと思います。フェニックス・リーグ、秋季キャンプを通じ、強いストレートということを意識した。継続してやっていきたい」

 注目された「大王」こと王柏融との対決は初回1死、140キロの直球で中飛にねじ伏せるなど、平均140キロだが、球威に復調を感じさせた。今季は先発ローテーションの中心になると期待されながら4勝7敗、防御率3・93と伸び悩んだ長身右腕が、ここから巻き返しを図る。

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい