ここから本文です

20歳のベネズエラ代表に栄冠

11/9(金) 20:10配信

共同通信

 2018年のミス・インターナショナル世界大会が9日、東京都内で開かれ、ベネズエラ代表の学生、マリエム・クラレット・ベラスコ・ガルシアさん(20)が優勝した。

 ガルシアさんは「これ以上の幸せはありません。この勝利をベネズエラの皆さんにささげます」と喜びを語った。

 日本代表で神戸市出身の大学生、杉本雛乃さん(21)はファイナリスト8人に残ったが、受賞を逃した。

 ミス・インターナショナルは世界の三大ミスコンの一つとされ、58回目の今大会には、77の国と地域の代表が出場した。

最終更新:11/9(金) 20:41
共同通信

あなたにおすすめの記事