ここから本文です

16歳・伊藤ふたば、19歳・楢崎明智がアベックV アジア選手権ボルダリング男女決勝

11/9(金) 20:59配信

スポーツ報知

 スポーツクライミングのアジア選手権は9日、鳥取・倉吉体育文化会館で第3日が行われ、ボルダリング男女の決勝戦で日本勢がアベック優勝を決めた。女子はシニア1年目の伊藤ふたば(16)が3完登で、世界選手権銀メダルの第一人者・野口啓代(29)を5位に、W杯年間女王の野中生萌(みほう、21)を4位に押さえて初制覇した。男子は楢崎明智(めいち、19)=いずれもTEAM au=が、全4完登で自身初となる国際大会での金メダルを獲得。ともに2020年東京五輪の出場枠がかかる来年8月の世界選手権(八王子)切符を手中に収めた。

 

 ◇ボルダリング日本勢の決勝順位

 ▽男子=〈1〉楢崎明智〈2〉渡部桂太〈4〉藤井快〈5〉杉本怜

 ▽女子=〈1〉伊藤ふたば〈2〉倉菜々子〈3〉菊地咲希〈4〉野中生萌〈5〉野口啓代

 

 伊藤は予選4位、準決勝6位の最後尾から決勝に進出。決勝には一番手で登場し、いきなり第1課題を最初のトライで成功する「一撃」で突破した。「最初は緊張はあったけど、一撃を決めた後から思ったよりスムーズにのぼれた。シニア1年目でW杯ではずっと悔しい思いをしてきたけど、久しぶりに勝てて良かった」と喜んだ。

 身長186センチの楢崎は長い手足を生かして、一撃2連発から全完登を決める圧倒的な強さを示した。兄の智亜は、9月の世界選手権で、東京五輪で実施される複合(ボルダリング、スピード、リード)種目で5位入賞したが、今大会は体調不良で欠場。兄から「俺がいないんだから優勝できるよ」と叱咤激励され、「絶対に勝たなきゃいけないプレッシャーがあったから優勝してホッとしている」と胸をなでおろした。

 16年ぶり国内開催となった今回のアジア選手権では、4種目(スピード、ボルダリング、リード、複合)の各優勝者は、来年8月の世界選手権への出場権を優先的に与えられる。五輪種目の複合は、国内では初めての国際大会となり、3種目の合計ポイントで上位6人が複合に進む。決勝は10日にスピードとリード、11日に複合が行われる。

最終更新:11/11(日) 4:40
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ