ここから本文です

【侍ジャパン】走者一掃の秋山「菊池や甲斐のおかげ」

11/9(金) 21:14配信

スポーツ報知

◆日米野球 日本―全米(9日・東京ドーム)

 5回に西武・秋山の走者一掃のタイムリー二塁打で一時同点とした侍ジャパン。秋山は「とにかく前に飛ばして打点になるよう、速い球に合わせていった。いいところに飛んでくれた。よく走ってくれた菊池やチャンスメーカー甲斐のおかげです」とチームメートの走りをねぎらった。

 6回にナショナルズ・ソトの一発で、再び2点を勝ち越されてから迎えたその裏の侍の攻撃。楽天・田中和が、その俊足を生かした。先頭で打席に立つと、中前に落とした。その打球を後逸した中堅手の守備を二塁を回るところで確認すると、一気に三塁まで進塁した。2死後ヤクルト・山田哲が四球を選び盗塁も決め、二、三塁のチャンス。だが、続く広島・菊池が空振り三振に倒れ、追加点とはいかなかった。

 先発の楽天・岸は5回途中4安打3失点で降板。「初戦の先発投手ということで緊張の方が強く、楽しむ余裕はありませんでした」と振り返り、球数制限もあって5イニング目を完了できず「途中降板となってしまい悔しいです」と話した。

最終更新:11/11(日) 5:03
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事