ここから本文です

宮原知子、4年連続ファイナルへ王手!ミスなし今季自己ベストで2位

11/10(土) 6:04配信

スポーツ報知

◆フィギュアスケート GPシリーズ第4戦 NHK杯第1日(9日、広島県立総合体育館)

 女子ショートプログラム(SP)は宮原知子(20)=関大=が今季自己ベストでルール改正後世界3位の76・08点をマークし、トップのエリザベータ・トゥクタミシェワ(21)=ロシア=に0・09点差の2位につけた。GPデビュー戦の紀平(きひら)梨花(16)=関大KFSC=は69・59点で5位。男子SPは平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が4回転ジャンプで転倒しながら92・49点で首位発進した。

 全身に感じる大観衆の視線が心地良かった。宮原はノーミスで演じ上げ、優勝したスケートアメリカの得点を2・22点上回る今季ベストをマーク。「緊張していたけど、自分が思っている以上にいいジャンプが跳べた」。新調した白い衣装に身をつつみ、ほほ笑んだ。

 昨季の課題だった回転不足を克服するため、ジャンプの改善に取り組んでいる。高く上がり、エッジ全体で着氷することを意識。他の選手を観察し「上手な人は顔が残って回っている」ことに気づいた。今大会も滑走前は不安に襲われたが「最後は気持ちの問題だ」と振り切った。スケートアメリカで「明確でない踏み切り」と判定された最後のフリップをループに変え、すべてのジャンプで出来栄え点(GOE)を獲得した。

 白い衣装は「ムービースターみたいなキラキラした、おしゃれで小粋な感じ」をイメージして作った。SP「小雀に捧げる歌」はフランスのシャンソン歌手、エディット・ピアフの生涯を描いたもの。「自分を見てほしいという雰囲気とか、見せるということを意識して滑るようにしている」。平昌五輪を終え、今年は挑戦の一年。シャイな宮原が選んだ自己改革だった。

 今大会で表彰台に上がれば、4年連続のファイナル(12月6~9日、カナダ・バンクーバー)進出が決定的となる。「調子は悪くないので、このままフリーに持っていきたい」。NHK杯は昨年、左股関節の疲労骨折から11か月ぶりの実戦復帰を果たした思い入れの強い大会。3年ぶりの大会制覇で、ファイナルに勢いをつける。(高木 恵)

最終更新:11/11(日) 13:31
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事