ここから本文です

女性職員の手を執拗にさわる 千葉県の男性副主幹 停職1カ月

11/9(金) 19:32配信

産経新聞

 千葉県は9日、部下だった女性職員2人の手をしつこく触るなどのセクハラ行為があったとして、出先機関に勤務する男性副主幹(63)を停職1カ月の懲戒処分にした。副主幹は辞職の意向を示しているという。

 副主幹は定年退職後の平成28年4月に再任用され、この職場で勤務。今年5月~6月にかけて、40代の非常勤職員の女性と書類の受け渡しをする際に、女性の手を触る行為を数十回も繰り返していたという。女性は6月中旬から体調を崩し、欠勤している。

 また、調査の過程で、28~29年度に別の女性職員に対しても、同様の行為をしていたことが判明したという。

最終更新:11/9(金) 19:32
産経新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ