ここから本文です

リニア工事めぐる談合事件有罪確定で…JR東海が大林組と清水建設の入札参加資格を停止

11/9(金) 18:27配信

東海テレビ

東海テレビ

 リニア工事をめぐる談合事件で、JR東海は有罪が確定した大林組と清水建設について、工事の入札参加資格を5か月間停止すると発表しました。

 大林組と清水建設は、リニアの品川駅と名古屋駅の工事で事前に受注業者を決めるなど談合を図ったとして、独占禁止法違反の罪に問われ、今月6日に罰金刑が確定していました。

 2社についてJR東海は工事の入札参加資格を来年4月まで5か月間停止すると発表しました。(入札指名停止期間:2018年11月9日~2019年4月8日)

 さらにJR東海は談合により受注契約が阻害されたとして、2社に対し損害賠償請求を検討しているということです。

 ただ、JR東海は大林組と清水建設との間で、それぞれすでに契約した名城非常口など11件の工事については、継続する方針を示しています。

東海テレビ

最終更新:11/9(金) 19:09
東海テレビ

あなたにおすすめの記事