ここから本文です

雨に濡れてしっとり艶やか 雨の日に行きたい紅葉スポット

11/9(金) 11:59配信

ウェザーニュース

 雨の中の紅葉狩り、というとちょっと億劫なイメージもありますが、実は雨と紅葉は相性がいいのです。
 カラカラに乾いた状態よりも、湿っている方が朱色が鮮やかに冴え渡ります。

箱根美術館(神奈川県)

 「雨を喜んでいるかの様に綺麗な苔のお庭、色付いたもみじ……素敵です」

 特に、苔とのバランスを楽しむ庭園では、苔の緑と紅葉の朱色が鮮やかになる雨の日がとても美しいのです。

 ここ、知る人ぞ知る名所「箱根美術館」では、見事に手入れされた苔ともみじの庭園が楽しめます。また、茶室 真和亭からパノラマで見られる庭園の景色はまるで一服の額縁絵。お抹茶をいただきながら、至福のときが過ごせるのです。

那谷寺(石川県小松市)

 「雨降りの 秋の那谷寺 雨男」

 濡れた橋がもみじの朱色で染まっています。

 雨が降るとこんな風に、いたるところが水鏡に!
 濡れた板や石、また水たまりなどに思いがけず逆さ紅葉が楽しめるのです。

 滑りやすいので注意も必要ですが、足元に広がる紅葉をご堪能ください。

瑠璃光院(京都市)

 なんとも見事なテーブル鏡紅葉。外を歩かずとも、建物の中から堪能する紅葉は、天気に関係なし。また、屋内と屋外を同時にカメラに収めようとする時は、雨の日など曇っている方がより色鮮やかに撮ることができます。

 こちらの瑠璃光院、参拝料は2,000円とかなり高価ですが、整理券を配るほどの人気だそうです。それにも関わらず、これだけ人が映らないのは、写真を撮るためにみんな下がってるのだそうですよ。

 雨に濡れハッとするほど鮮やかな紅葉が磨き上げられたテーブルに映し出され、万華鏡のような幻想的な風景を生み出しています。

雨の紅葉って、本当に美しい…

 もし、紅葉狩りに出かける日が雨だった時は、

 ・屋内から屋外が見られる
 ・苔など緑とのコントラストが楽しめる

 そんなスポットを探してみてはいかがでしょうか。雨の日こそふさわしいスポットに巡り会えるかもしれません。

ウェザーニュース

あなたにおすすめの記事