ここから本文です

ママたちの家計管理術と節約術、めんどくさがりでも成功した例は?

11/9(金) 10:20配信

LIMO

毎月通帳や家計簿とにらめっこしながら「もっと家計に余裕がほしい…」と考えているママも多いのではないでしょうか。子どもの教育費や老後のことを考えると、なるべく貯蓄もしておきたいですよね。自由なお金を増やすには、収入を増やすか支出を減らすかしなければなりません。急なお給料アップはなかなか難しいので、みなさんの家計管理術と節約術を参考にしながら、無駄を減らすことから始めてみませんか? 

これで無駄を予防! みんなの家計管理術

「お給料をいただいたら、まず食費と日用品を買うためのお金だけをおろして千円札に両替します。それを4~5等分して、それぞれクリアケースに分けて保管。これで、1週間の予算が決まります。そこからなんとなく1日に使える金額を計算して、そこを超えないように気をつけるだけ!  性格的に家計簿をマメにつけることはできないし、食材もその日の気分に合わせて調達するので。これなら頭のなかで管理できるし、決めた金額内でやりくりできますよ。ちなみに、お給料日に貯蓄分もおろしてすぐ別の口座に移します」

「レシートを撮影するだけの家計簿アプリは、かなり便利です。以前は気がついたらお財布のお札が減ってる…ってこともありましたが、アプリを使い始めてから『何に使ったかしら?』って考え込むこともなくなりました」

「私は、レシートの合計金額だけをノートに書いていきます! 細かい費目までは管理できないけど、収支のバランスは見ることができますよ。合計金額をノートに写すだけなら、そこまで手間もかかりません」

どんなに優れた家計管理術でも、続かなければ意味がありませんよね。今回お話を聞いたみなさんは、自分の性格と「ここまでならできるだろう」をきちんと把握して、無理せず必要な情報を収集できるように工夫をしている印象でした。何にいくら使っているのかまで細かく知りたいのか、ざっくり把握できればいいのか、まずは「知りたい情報が何か?」から考えてみましょう。

1/2ページ

最終更新:11/9(金) 10:20
LIMO

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ