ここから本文です

インスタントラーメンが”大発明”な理由

11/9(金) 11:40配信

LIMO

朝ドラ「まんぷく」はインスタントラーメンの発明物語

NHK朝の連続テレビ小説(通称:朝ドラ)は10月から新シリーズ「まんぷく」が放映されています。放映開始後1カ月の平均視聴率は概ね22%前後となっており、出足はまずまず好調と見ていいでしょう。朝ドラ人気健在というところでしょうか。

さて、今回の「まんぷく」は、今井福子(安藤サクラ)と立花萬平(長谷川博己)の夫婦が数々の失敗を乗り越えて、世紀の大発明(注)に辿り着くのがザックリとしたストーリーです。そして、その「世紀の大発明」がインスタントラーメン(以下「即席ラーメン」)です。

現時点では、まだ即席ラーメンの開発は始まっていませんが、戦後の貧しい時代に屋台でラーメンを美味しく食するシーンは何度か出てきます。今後の展開が楽しみです。

注:番組HPにこのように記載されています。

今年2018年は世界初の即席ラーメン誕生60周年

ちなみに、番組のHPでは「実在の人物をモデルとしますが、激動の時代を共に戦い抜いた夫婦の愛の物語として大胆に再構成し、登場人物や団体名は改称した上、フィクションとしてお届けします」とあります。それでは、実際の即席ラーメン誕生の歴史はどうなのでしょうか。

即席ラーメンは、日清食品の創業者である安藤百福氏が1958年に発売した「チキンラーメン」が世界初とされています。今年は世界初の即席ラーメンの発売からちょうど60周年に当たるわけです。普段は何気なく食べている即席ラーメンですが、現在の販売状況を見ることにしましょう。

なお、一般社団法人「日本即席食品工業協会」及び日清食品の分類に従って、ここでは、「即席ラーメン=袋めん+カップラーメン+生めん」としています。

国内の即席ラーメン生産量は3年連続で過去最高を記録

さて、国内における即席ラーメンの消費量はどれくらいなのでしょうか?  前掲の「日本即席食品工業協会」が公表する生産データでは、国内で生産する即席ラーメンは、輸出向けは非常に少なく(2%未満)、また、それとほぼ同等量が輸入されていますので、実質的には「国内生産量=国内消費量」と見ていいと考えられます。

その生産実績ですが、数量ベースでは近年、緩やかな増加傾向にあります(平成29年実績は56億9千万食、3年連続で過去最高)。3年連続で過去最高更新とは、やや意外な感じがするかもしれません。確かに、伸び率は微小に止まっていますが、即席ラーメンはまだ成長産業と言っていいかもしれません。

これは、即席ラーメンに占める割合が約69%(平成29年実績)のカップラーメンにおいて、新商品が次々に登場してくることが最大要因と見られます。ちなみに、袋めん(約30%)は漸減傾向にあり、生めん(約2%)も頭打ち傾向にあります。やはり、お湯を注ぐだけで食べられるカップラーメンの利便性が受け入れられているのでしょう。

1/2ページ

最終更新:11/9(金) 12:10
LIMO

あなたにおすすめの記事