ここから本文です

レクサス新型「ES」発売 FFの大型高級セダンが日本でどのように受け入れられるのか?

11/9(金) 7:06配信

carview!

レクサスは10月24日、7代目となる新型「ES」の国内発売を開始しました。1989年に「カムリ プロミネント」を初代LS風のエクステリアに仕立ててデビュー。2代目から4代目までは日本市場では「ウィンダム」として販売され、5代目と6代目は未導入。7代目になり初めて「ES」として日本導入されます。「ES」は世界各国で販売され、レクサスのコアモデルとして成長。レクサスブランドにおいて重要なモデルとなっています。

>>新型ESの写真を見る<<

シャーシはカムリにも採用されている、高剛性・低重心化を実現したFF用最新プラットフォーム「GA-K」を採用しています。ボディサイズは全長4975mm×全幅1865mm×全高1445mmと国内では大きく感じられそうです。低さとワイド感がもたらすカッコよさにこだわり、フロアを可能な限り低く設計。そのためフロア下に収まらない配線や配管を通した後席足元のフロアトンネルはFF車としては高めとなりましたが、カップルディスタンスと呼ばれるフロントシートとリアシートのヒップポイントの距離は現行「LS」の1080mmに迫る1025mmを確保し、後席の前後空間はLS並みの広さを実現しています。

サスペンションには世界初となる「スウィングバルブショックアブソーバー」が採用されています。流路抵抗によって減衰力を発生させることで、アブソーバーが動きにくい、ゆっくりと動くような状況でも反応することができ、走り出しや高速走行時の乗り心地がよくなっているそうです。

そして同じく世界初となるのが「デジタルアウターミラー」のオプション設定です(21万6000円)。外側に張り出すアウターカメラや取って付けたようなディスプレイは、カッコよさを追求した「ES」にマッチしているといい難いという印象ですが、このミラーの開発に携わったレクサス第2先進安全開発部の杉原さんに伺うと「アウターカメラの下に360°モニター用カメラを設置しているのですが、十分な画角を得るためには、どうしても今の横幅が必要でした。今後カメラ性能が上がれば、横幅を短くしていくことができると思います。インナーモニターの大きさや位置、設置方法は、ミラーを使って後方確認する際の視界の大きさが法規で決まっているため、このような設置方法となりました。今後標準装着されるようになればインテリアデザインに組み込まれていくと思います」とのこと。今後どのように改良されていくのか楽しみに待つとしましょう。

ボディの大きさ、室内空間の広さ、そして世界初の先進装備など、いろいろ気になる新型「ES」ですが、日本市場でどのように受け入れられるのか注目です。また、同カテゴリに属する「GS」の今後の展開も気になるところです。

1/2ページ

最終更新:11/9(金) 7:06
carview!

あなたにおすすめの記事