ここから本文です

警察官がセクハラで停職6か月の処分

11/9(金) 19:42配信

テレビ高知

テレビ高知

高知県内の警察署に勤務する20代の男性巡査部長が、今年夏、飲み会の席で女性3人にセクハラ行為をしていたとして、高知県警はきょう付けで男性巡査部長を停職6か月の懲戒処分としました。

停職処分を受けたのは県内の警察署に勤務する20代の男性巡査部長です。県警によりますと、男性巡査部長は今年7月と8月の2回、県内の飲食店で開かれた飲み会の席で、20代から30代の女性3人にセクハラ行為をしたということです。男性巡査部長は女性の背後から体を触ったり、腕を掴んで肩を寄せたりしたということで、行為について概ね認めているということです。県警は私的な行為だとしながらも、警察の信頼を損なう行為だとして、男性巡査部長を停職6か月の懲戒処分としました。ただ、女性の特定に繋がる恐れがあるとして、巡査部長の所属や名前については明らかにしていません。原田哲首席監察官は「職務倫理の教養を徹底して再発防止に努める」とコメントしています。

最終更新:11/9(金) 19:42
テレビ高知

あなたにおすすめの記事