ここから本文です

雨中にキラリ色彩豊かなジンベイザメ 大阪・海遊館イルミ

2018/11/9(金) 18:45配信

THE PAGE

雨中にキラリ色彩豊かなジンベイザメイルミ 大阪・海遊館

 大阪市港区にある世界最大級の水族館「海遊館」で9日、恒例のイルミネーションが始まり、雨の中多くの見物人でにぎわいをみせていた。

【写真特集】海月銀河をモチーフにしたツリーと天保山大観覧車

海遊館の「海月銀河」をテーマに

 海遊館によると、今年は同館で3月にリニューアルオープンしたクラゲエリア「海月銀河」をテーマに、それらをイメージしたオブジェが広場に設置され、輝きを放っていた。

高さ20メートル ジンベイザメのオブジェ輝く

 同館の象徴ともいえる人気者の「ジンベイザメ」をモチーフにした20メートルの巨大オブジェは、15分ごとに流れる音楽とともに様々な色の光を点灯させると、周囲のイルミネーションも違った色を輝かせ、海の世界を演出。

 高さ10メートルにも及ぶ「海月銀河」をイメージしたツリーも、ウィンドチャイムの音に反応して色が変わる演出も施されていた。

チャイムに反応「海月銀河」ツリー

 このほか、海月銀河をイメージした高さ10メートルのツリーも登場。よくみると多くのクラゲのオブジェがぶらさがっており、設置されたチャイムを鳴らすと色が変化する仕組みとなっていた。

 また、角度によっては大観覧車と一緒に撮影できることから、多くの来場者が楽しんでいた。

 近所から来たという大阪市港区の小学生の女児(9)は「お母さんと一緒に来た。きょうは雨だからどうしようと思ったけど、地面が雨にぬれてるから余計にきれいにみることができてうれしい」と笑顔で話していた。

 このイルミネーションは2019年3月3日まで、同館の休館日を除く午後5時から同10時まで行われる。

最終更新:2018/11/9(金) 22:24
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事