ここから本文です

中国の鋼材輸出、抑制傾向続く。10月は550万トン

11/9(金) 6:06配信

鉄鋼新聞

 中国税関総署が発表した貿易統計によると、10月の鋼材輸出は前年同月比10%増の550万トンだった。
 前年比では2カ月連続で増加したが、4カ月連続で600万トンを割り込む水準が続いている。10月からは大気汚染対策で生産が規制され始めており、前年に比べ減産規模は縮小するものの一定の輸出抑制にはつながっているようだ。
 10月の鋼材輸入は20%増の113万8千トンだった。
 1~10月累計では、鋼材輸出が前年同期比9・3%減の5841万3千トン、輸入は1・3%増の1110万3千トンだった。
鉄鉱石輸入は8840万トン
 鉄鋼資源関連では、10月の鉄鉱石輸入が前年同月比11%増の8839万9千トン。コークス輸出は2・5倍の83万8千トンだった。
 1~10月累計では鉄鉱石輸入が前年同期比0・5%減の8億9168万7千トン、コークス輸出が27・6%増の776万2千トン。

最終更新:11/9(金) 6:06
鉄鋼新聞

あなたにおすすめの記事