ここから本文です

オール革張りの衝撃。HPの高級ノートブック「Spectre Folio 13」

11/9(金) 8:12配信

ギズモード・ジャパン

できる男は背中で語るってもんですよ。

スマートフォンのように、第一印象が似通ってきているノートパソコンたち。ビジネスツールとして考えるとアルミの削りだしボディって確かにいいですよね。あの無機質さが。

【記事の全画像】オール革張りの衝撃。HPの高級ノートブック「Spectre Folio 13」

と思っていました。

いやあ、いいじゃないですか。この13.3インチのノートPC「HP Spectre Folio 13」は。ビジネスの最前線で戦う男の色気、このモデルから沸き立っていますよね!

本革でカバーしたモダンなデザイン

HP Spectre Folio 13のキーポイントは、なんといってもレザーをつかった大胆デザイン。パームレストから本体底面、ディスプレイ背面にいたるまで、フルグレインレザー(強度があり耐久性に優れる革のグレード)でぐるりっとカバー。ペンホルダーももちろん、レザーです。

過去にもレザーをあしらったノートパソコンはありましたが、全エリアで使っているのはもしかして、初めて?

触れてみると、アルミ削り出しボディにはあったヒヤリ感がない。柔らかく厚みがあるし、肌触りもグー。良質な本革財布を使っているような安心感が伝わってくるんですよ。これは…リッチだわ。

マルチに使える可変型ディスプレイ

さまざまなデバイスの、いいところをギュッと凝縮したスタイルでもあるんですよ。特にディスプレイの自由度の高さは、シチュエーションに応じていろんな働き方をしなければいけないビジネスマンにとって頼れるところですよ。

キーボードを駆使するときはディスプレイを開いてノートブックモード。情報収集時はディスプレイを前に出してメディアモード。タッチ&ペンで操作するときはディスプレイを表面にだしたままパネルを閉じてタブレットモードにトランスフォームGO!

本体とキーボードが取り外せる2in1パソコンのようなマルチなディスプレイセッティングが、一体型でありながらできちゃうんですね。

キーボードの質感もいい! 余裕あるレイアウトで深みもあるからタイプしやすいし、タッチパッドの面積も広めで操作が楽ときました。

一部の、タブレットとしての役割を重視した2in1パソコンはキーボードに難がありました。でもノートパソコンの立場から2in1パソコンの機能性の高さを持ったHP Spectre Folio 13は、長時間の文字入力も疲れなさそうと思えましたねー。

本体に付属するSpectre アクティブペン2のレスポンスも書き心地もGOOD! 1,024段階の筆圧検知と傾きに対応しているから、イラスト作成や写真のレタッチでも活躍するはず!

1/2ページ

あなたにおすすめの記事