ここから本文です

10日(土)にかけて 東海~北日本は大気不安定 北海道は土砂災害に警戒を

11/9(金) 16:59配信

ウェザーマップ

 寒冷前線が通過する影響で、東日本では今夜遅くにかけて、北日本ではあす10日(土)の明け方にかけて、大気の状態が非常に不安定となる。落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうや局地的な激しい雨に注意が必要だ。

激しい雷雨・突風のおそれ

 前線を伴った低気圧が日本海から北東へ進んでいる。この低気圧から寒冷前線が、北陸から東海にのびている。前線があす10日(土)にかけて東・北日本を通過するため、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる。

 北陸(石川県、福井県)は、きょう9日(金)の夕方にかけて、東海、関東南部、伊豆諸島北部、東北では、今夜遅くにかけて、北海道はあす10日(土)にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうや局地的な激しい雨に注意が必要となる。

北海道は土砂災害に警戒を

 日本海側南部と太平洋側では、あす10日(土)の明け方にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降り大雨となる見込み。特にことし9月の北海道胆振東部地震で揺れの大きかった地域では大雨による土砂災害や低い土地の浸水などに十分注意が必要となる。
 また、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうのおそれがあり、農作物の管理などに注意したい。

北海道の雨・風・波

<雨の予想>
 ■あす10日夕方まで(1時間雨量)
  日本海側南部、太平洋側 30ミリ
 
 ■あす10日夕方まで(24時間雨量)
  日本海側南部、太平洋側西部 80ミリ
  太平洋側東部  70ミリ

<風の予想>
 ■あす10日にかけて(最大瞬間風速)
  北海道・全道(海上を含む) 30メートル

<波の予想>
 ■9日(波の高さ)
  太平洋側西部 5メートル
  その他の海域 3メートル

最終更新:11/9(金) 17:03
ウェザーマップ

あなたにおすすめの記事