ここから本文です

ルーカス・フィルムから開発中止を食らった『スター・ウォーズ』ゲームのファンメイド・リメイク、惜しいくらいに素晴らしい

11/9(金) 11:45配信

ギズモード・ジャパン

仕方ないけど悔しい…。

数々の名作があるスター・ウォーズのゲームの中でも、2003年にXbox/Windows向けに登場した『Star Wars: Knights of the Old Republic(KotOR)』は珍しいRPG作品でした。

【記事の全画像】ルーカス・フィルムから開発中止を食らった『スター・ウォーズ』ゲームのファンメイド・リメイク、惜しいくらいに素晴らしい

我々がよく知る映画『スター・ウォーズ』から4000年前の時代を舞台にしたスター・ウォーズらしさと驚きとさまざまな分岐に満ちたストーリーに加え、TRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』(D20システム)をベースにしたラウンド制とリアルタイムがミックスされた戦闘が面白く、今やっても最高に楽しくて極めて人気が高い一本。

しかし、その人気とは裏腹に発売から15年から経過した今でも、正式なリメイクやリマスター版の制作は行なわれていません。

そんな中、2015年からファンのチームが、Unreal Engine 4を使って『KotOR』のリメイクに挑戦し注目を集めていたのですが、ついに先日、スター・ウォーズの権利を管理するルーカス・フィルムから書状が届き、プロジェクトの中止と素材の破棄を命じられてしまいました。

著作権的にはかなりダメなプロジェクトだったので仕方ないことではありますが、残念で仕方ない。実はまだまだ完成には時間がかかる感じではありましたが、かなり素晴らしいマップやキャラクターが出来上がっていたんですよ……!

マップはUnreal Engine 4のライティングがかなり効いてる感じで非常に素敵。ミニゲームの「スウープ・レース」もスピード感が素晴らしく、ヒロインのバスティラやシス卿のダース・マレクのモデルも美しい。本当にこれで遊びたかったな……!

こうなったらリマスター版/リメイク版の公式展開に期待しつつ、素直にまた『Star Wars: Knights of the Old Republic』で遊ぶしかない。ちなみに、『KotOR』はSteamなどでPC/Mac向けが販売中の他、今はiOS/Android版も発売されているので、まだ未プレイという人はぜひお試しください……!

Source: YouTube(1, 2, 3) via EuroGamer, Twitter

傭兵ペンギン

Image: Apeiron Game/YouTube

あなたにおすすめの記事