ここから本文です

北日本・北陸は土曜日の朝まで雨や雷雨 日曜日は広く行楽日和も朝晩は冷え込む

11/9(金) 17:17配信

ウェザーマップ

 10日(土)は晴れる所が多いが、北陸や北日本では朝まで雨が降りやすく、雷雨になる所もありそうだ。11日(日)も広く晴れて行楽日和となるが、朝晩は冷え込みが強まるため、服装えらびや体調管理に注意が必要となる。

土曜日 関東以西は行楽日和

 10日(土)は関東から西の地域では広く晴れて、行楽日和となりそうだ。ただ、北陸や北日本では朝まで雨の所が多く、局地的に雷を伴うため、落雷や突風などに注意が必要となる。また、北海道では昼過ぎまで雨が残り、特にオホーツク海側では雨が長引く見通し。風が強まるおそれもあり、強風や高波にも注意が必要だ。

 日中の気温はこの時季としては高く、各地で10月上旬から中旬並みとなる見通し。関東から西では23℃前後、北陸や東北は20℃前後、北海道は16℃前後の予想だ。

日曜日 全国的に晴れるも朝晩は冷え込み注意

 11日(日)は移動性の高気圧に広く覆われるため、全国的に晴れる所が多くなる。北海道では道北など一部で雨が降るが、そのほかは天気の大きな崩れはない見込み。

 日中の気温は東日本と西日本では22℃前後、東北でも18℃前後、北海道は12℃前後と平年より高い状態が続く。ただ、朝晩の冷え込みは強まり、北日本だけでなく、関東北部や甲信、西日本でも一桁まで下がる所がありそうだ。
 朝晩と日中との気温差が大きくなるため、調節のしやすい服装がおすすめとなる。
(気象予報士・多胡安那)

最終更新:11/9(金) 17:17
ウェザーマップ

あなたにおすすめの記事