ここから本文です

Seventeen専属モデル・久間田琳加、初主演映画への挑戦を語る

11/9(金) 17:05配信

ぴあ映画生活

雑誌『nicola』でデビューして、現在は『Seventeen』専属モデルとして活躍し、同世代の女子たちの圧倒的な支持を受けている久間田琳加。ロッテGhanaチョコレートの新CMキャラクターも務め、さらなる注目が集まっている現役高校生だ。そんな彼女の初主演映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』が本日公開に。親友の葵と同じファッションに身を包み、原宿で双子コーデタレント“ヌヌ子”として活動している里奈を演じている。

その他の画像

「今まで女優のお仕事をいくつかさせていただきましたが、主演と聞いてプレッシャーを感じました。でも原宿はいつもお買いものをしている場所ですし、この世界で夢を追いかけているところやモデルの活動も自分との共通点。自然な感じで入っていける役だったので、そういう意味ではやりやすかったです」

企画・プロデュースは『神様のカルテ』など人間ドラマに定評のある深川栄洋。「悩んだときには監督と話し合ってね」と声をかけられたという。里奈は、積極的でコミュニケーション能力の高い葵とは正反対の現実主義者でなかなか正直な気持ちを言葉にできない性格。それゆえ、撮影中は「表情で語る難しさを感じた」と語る。

「はしゃいでいる楽しいシーンの撮影には素の自分が出ていると思うのですが、言葉を飲み込んでしまうシーンは今の私にとってはすごく難しくて。監督がいつも近くで心情について説明してくれたので、何とか乗り越えられました」

里奈がモデルとしてスカウトされたことで、葵との関係がぎくしゃくしていく切ない展開も描かれる。葵を演じたのは女子高生アーティストで、プライベートでも久間田の友人でもある吉田凜音だ。

「凛音とは性格は違うけれど仲がよくて、お互いの足りない部分を補いながら高めあっていける関係なんです。今まで衝突したことがないので、ケンカのシーンの撮影の前日は緊張しちゃいましたが、ふたりで練習をして頑張りました(笑)。私自身は友達とここまでのケンカをしたことはないので、一生のうちにここまで正直になれる友達と出会えたら、幸せかもしれないな、と思いましたね」

主人公のふたりが着用する“双子コーデ”のスタイリングを、モデル、女優として活躍する本田翼が手がけていることも話題のひとつ。

「インパクトがある原宿系の衣裳を着たので、新鮮なコーディネートや違う自分を知ることができて楽しかったです。本田さんはフィッティングのときもずっと一緒で、シャツの裾を入れるかどうかまで細かく見てくださいました。ハードな撮影のシーンはズボンでヒールのない靴を選んでくれたりもして、そういうお気持ちもうれしかったです」

『Seventeen』出身の女優たちの躍進が続くなか、「憧れはやっぱり広瀬すずさん。先輩にすごい方たちがいるので、いい刺激になっています」と、あどけなさと大人っぽさが同居する笑顔で語る。

「少女漫画を読むのが趣味なので、実写化した作品を観ることも大好きなんです。今年は『青夏 きみに恋した30日』で好きなジャンルの映画に出演する夢が叶いました。大学生活に憧れがあるから、学食で恋をするような役もやってみたい(笑)。いきなり大人になるのは難しいと思うので、少しずつ成長していきたいと思っています」

取材・文:細谷美香、撮影:源賀津己、ヘアメイク:水流有沙、スタイリング:金光英行

『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』
11月9日(金)渋谷先行・11月16日(金)より全国公開

最終更新:11/9(金) 17:05
ぴあ映画生活

あなたにおすすめの記事