ここから本文です

リベンジの機会を迎えたサンロッカーズ渋谷、ベンドラメ礼生のアタックから勝機を見出したい

11/9(金) 14:35配信

バスケットボールキング

■サンロッカーズ渋谷vsシーホース三河(@青山学院記念館)
第1戦:11月10日18時5分、第2戦:11月11日14時5分

 千葉ジェッツには連敗したものの、前節はレバンガ北海道をアウェーで圧倒。今季3勝目を挙げたサンロッカーズ渋谷は秋田ノーザンハピネッツと星数で並び、今節は東地区最下位からの脱出を目指す。

 北海道戦は立ちあがりからライアン・ケリーとベンドラメ礼生の得点力でたたみかけ、第1クォーターで16点リード。第3クォーターに突き放し、今季最多の91得点で快勝となった。ここまでの13試合すべてで2ケタ得点のケリーはこの試合も24得点をマークしただけでなく、ディフェンスでも7スティールとNBA経験者の実力を見せつけた。第3クォーターの活躍が光ったファイサンバも今季最長の17分43秒出場で14得点。チーム全体でもターンオーバーを6個にとどめるなど、オフェンス面に改善の兆候が表れている。

 対するはシーホース三河。前々節まで7連勝と本来の強さを取り戻してきていたが、中地区首位を走る新潟アルビレックスBBにその勢いを止められた。第1クォーターの10点ビハインドから少しずつ点差を詰め、第4クォーター開始早々に逆転に成功するが、その後に相手の得点源を抑えられなかった。ジェームズ・サザランドが29得点と持ち前の得点力を発揮した一方で、前々節で2戦とも30得点をクリアした金丸晃輔が8得点に抑えこまれたのは誤算だった。

 連勝が止まったとはいえ、その連勝が始まったのが第4節のSR渋谷戦とあって、三河としてはここからまた白星を伸ばしたいところ。翻って、その第4節も含めて開幕から得点面の課題を抱えてきたSR渋谷だが、今回はオフェンスが機能し始めたところでリベンジのチャンスを迎えることになる。前々節からシューティングガードで起用されているベンドラメは、より得点に意識を傾注でき、その勝負強さが活きるはず。改善されてきているとはいえ、1試合平均得点ではまだ三河に水を開けられているSR渋谷。その差を埋めるのはベンドラメの果敢なアタックだ。

文=吉川哲彦

■ロースター
・SR渋谷(ヘッドコーチ:伊佐勉)
満原優樹
秋葉真司
清水太志郎
ファイサンバ
ロバート・サクレ
伊藤駿
ベンドラメ礼生
マーカリ・サンダース・フリソン
杉浦佑成
長谷川智也
広瀬健太
山内盛久
ライアン・ケリー

・三河(ヘッドコーチ:鈴木貴美一)
ジェームズ・サザランド
狩俣昌也
アイザック・バッツ
村上直
森川正明
西川貴之
金丸晃輔
松井啓十郎
加藤寿一
桜木ジェイアール
グラント・ジェレット
生原秀将

BASKETBALL KING

あなたにおすすめの記事