ここから本文です

来季で引退のサバシア「ヤンキーとして終えたい」

11/9(金) 12:14配信

日刊スポーツ

7日に自身のツイッターで来季限りでの現役引退を表明した先発左腕CC・サバシア投手(38)について、ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMが、シーズン終了の翌日にクラブハウスで交わした会話を明かした。同球団は6日にサバシアと800万ドル(約9億1000万円)の1年契約で合意したことを発表している。

【写真】ヤンキース26年ぶり7位大降格、開幕時の推定年俸

キャッシュマンGMは「彼から『キャッシュ、僕はもう一度プレーしたい。別のチームでプレーしなくてはならないならそうするけど、ほかのチームでプレーしたくない。僕はヤンキーだ。ヤンキーとして終えたい。来年は最後の年になるけど、僕はプレーするし、ここでのプレーを望んでいる』と言われた」と述べた。

オールスターに6度選出され、2007年にア・リーグのサイ・ヤング賞を受賞したサバシアは、18年のメジャー生活で通算246勝153敗(ヤンキースでは129勝80敗)、防御率3・70、2986奪三振を記録。今季は29試合に先発し、9勝7敗、防御率3・65をマークした。

最終更新:11/9(金) 12:25
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい