ここから本文です

20歳誕生日にミス・インターナショナル「最高」

11/9(金) 20:41配信

日刊スポーツ

第58回ミス・インターナショナル世界大会が9日、東京ドームシティホールで行われ、南米・ベネズエラ代表のマリエム・クラレット・ベラスコ・ガルシアさん(20)がグランプリに輝いた。

【写真】民族衣装の審査に臨むベネズエラ代表のガルシアさん

同国シモン・ボリバル大学で地球物理学を専攻する学生で、身長176センチ、B86-W65-H89センチと抜群のプロポーションの持ち主。なんとこの日が20歳の誕生日だった。

グランプリで名前を呼ばれると、76人の各国代表からもバースデーソングで祝福された。ガルシアさんは「これ以上の幸せはありません。人生最高の誕生日になりました。この勝利はベネズエラの皆様にささげます」と感激した様子でスピーチした。賞金300万円の使い道を問われると、「頂くことを考えていなかったので、受け取ってから考えたいと思います」と謙虚に話した。

第2位はフィリピン代表のマリア・アティサ・マナロさん、第3位は南アフリカ代表のレアベトスェ・セチョアロさん、第4位はルーマニア代表のビアンカ・ティルシンさん、第5位はコロンビア代表のアナベラ・カストロさん。

審査の合間には、DA PUMPが「U.S.A.」を披露し会場を沸かせたほか、来年度の同大会日本代表で故俳優岡田真澄さんの1人娘でもある岡田朋峰さんがプレゼンターとして駆けつけた。

最終更新:11/10(土) 22:25
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ