ここから本文です

スポーツ庁がビル・ゲイツ氏財団とパートナーシップ

11/9(金) 21:33配信

日刊スポーツ

スポーツ庁は9日、米マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏の財団とスポーツを通じ、持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けたパートナーシップを結んだと発表した。2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの公認プログラムにも認定された。

国連が掲げるSDGsとは、貧困や飢餓の撲滅、質の高い教育の提供、男女平等などを30年までに実現する目標。ゲイツ氏の財団が来年から始める事業では、金メダリストらトップアスリートと各問題を取り扱う非政府組織(NGO)と結びつけ、資金や知見を提供し、各所でSDGs推進のイベントを行う予定。スポーツ庁も国内を中心に同様の事業を推進する上で、同財団と協力していく。

最終更新:11/10(土) 21:17
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事