ここから本文です

豪州SC:2019年投入『フォード・マスタング』がシェイクダウン。「なによりもルックスが最高」

11/9(金) 14:18配信

オートスポーツweb

 2019年のVASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーへ投入されるシリーズ初の2ドアクーペ車両、『フォード・マスタング・スーパーカー』のシェイクダウンが行われ、カモフラージュ塗装のマシンが初公開された。

【写真】シリーズ初の2ドア車となる『フォード・マスタング・スーパーカー』

 今週水曜にオーストラリアのブリスベン郊外に位置するクイーンズランド・レースウェイで行われた最初のホモロゲーションテストには、今季のVASCで初タイトルに向け好調を維持するDJRのスコット・マクローリンとファビアン・クルサードが参加した。

「何よりもまず、マシンとしてのルックスが最高だね。来シーズン、僕たちのシェルVパワーカラーリングになるのがすごく楽しみだよ」と、興奮気味に語ったマクローリン。

「テストも素晴らしいスタートが切れた。新車に期待するレベルで、すべての領域が完全に作動し、そのバランスは今のマシン(フォード・ファルコンFG-X)にとても近いとさえ感じた。この時期にドライブできたことで、2019年シーズンが待ちきれない気分になったよ」

 このホモロゲーションテストは全3回が予定されているうちの初回となり、当日は北米のフォード・パフォーマンスから空力エンジニアも帯同し、最初のエアロスペックをテスト。明日土曜にはふたたび同サーキットで2回目のテストを行い、その後、次週にはニューサウスウェールズ州の非公開トラックで数日間のプライベートテストが実施され、12月にVASCの公式エアロテストに臨むスケジュールとなっている。

「まずは素晴らしいスタートが切れた。クルマのルックスが最高なのは言うまでもないし、両ドライバーからは良い感触があるとの報告も受けている」と語るのは、DJRチーム・ペンスキーのマネジング・ディレクターを務めるライアン・ストーリー。

「今後は緊密かつタイトなテストプログラムが組まれており、我々はかなりの物量と多くの物事に取り組むことになる。北米との連携で、実際にマシンが走っていない時間も次のセッションに向けマシンを進化させる作業が進められる」

「あまり理想的な状況とは言えないかもしれないが、これは我々がマスタングでスーパーカーに挑戦すると決めたときから、避けられない事態だった。かなりのチャレンジだが、我々はそれを楽しんでいるし、入念な準備とスケジュール管理が成否を決めるだろう」

 一方、DJRチーム・ペンスキーと並んでフォードのファクトリーバックアップを受けるティックフォード・レーシングは、今回のシェイクダウンにはマシンを準備せず、新シャシーを走らせるのは年明け2月の公式テストになるとの予定を明かした。

 すでにメルボルンのファクトリーではマスタング用の新型パイプフレーム・シャシーを製造中で、フォード・パフォーマンスとペンスキーからのフィードバックを盛り込んで、設計と開発が進められる。

 この水曜のテストにエンジニアリング・マネージャーのナサニエル・オズボーンを送り込んだティックフォードは、その視察内容の報告を受け、初回テストが好首尾に進んだことに手応えを感じた、と語った。

「どんなマシンかを学ぶ意味で、初回テストを視察できたのは有意義だった」と、ティックフォード・レーシング代表のティム・エドワーズ。

「ドライバーのコメントを聞くだけでも分かることがある。コースサイドからマシンの挙動を眺め、ドライバーのフィードバックからもエアロバランスを推し量ることができた。土曜のテストはホモロゲーションテストのプログラム外にはなるが、我々のチームからもドライバーが参加することになるだろう」

[オートスポーツweb ]

あなたにおすすめの記事