ここから本文です

奈良「道の駅」建設巡り、前副市長不起訴

11/10(土) 0:47配信

読売テレビ

読売テレビ

奈良県葛城市の「道の駅」建設の監査結果を公表前に漏えいさせたとして逮捕された、前の副市長らが不起訴処分となった。不起訴処分となったのは、奈良県葛城市の前の副市長の生野吉秀被告や、葛城市役所建設課の課長補佐の男性ら合わせて3人。生野被告らは道の駅「かつらぎ」を巡る監査結果の文書について、公表前に自らに送るよう課長補佐の男性をそそのかし漏えいさせたとして、地方公務員法違反の疑いで今年6月に逮捕されていた。奈良地検は、不起訴処分の理由を明らかにしていない。生野被告はこれとは別に、道の駅「かつらぎ」の工事の入札情報を、公表前に漏らしたなどとしてすでに起訴されている。

最終更新:11/10(土) 17:45
読売テレビ

あなたにおすすめの記事