ここから本文です

松田鈴英68で初Vへ好発進!米ツアー選手に刺激受けた「おケツと体幹を鍛えたい」

11/10(土) 6:00配信

デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・伊藤園レディース・第1日」(9日、グレートアイランドC=パー72)

 ツアー初優勝を目指すモデル系美人プロ・松田鈴英(20)=ニトリ=が4バーディー、ボギーなしの4アンダー68で回り、首位に2打差の3位と好発進した。逆転で2年連続の賞金女王を狙う鈴木愛も3位につけ、ベテラン佐伯三貴が7バーディー、1ボギーの66でトップ。大会過去3度優勝のイ・ボミ(韓国)は2オーバー69位と出遅れた。

 「年内に初優勝」を目標に掲げる松田が好位置をキープした。ボギーなしの4バーディーで回り、首位の佐伯に2打差の3位。「今日はフェアウエーを外したのは4回。ティーショットがよかった」と精度の高いドライバーショットをスコアメークの要因に挙げた。

 地元滋賀で開催された先週のTOTOジャパンクラシックで米ツアーの選手と回ったことで「飛距離も体格も違った。自分は飛ぶ方だけど、浮かれてはいられないと思った」と強い刺激を受けた。その時、即座にオフの本格的トレーニング導入を決意。「まずはおケツと体幹を鍛えたい」と真顔で話した。

 2日目へ向けては課題を口にした。この日は100ヤード残った3番パー5の3打目を50度のウエッジで打ったが、グリーンが軟らかかったため、バックスピンがかかりすぎてしまった。「15ヤードは戻った。明日は3打目を100ヤード以上残して、スピンがかからないように大きめのクラブで打ってバーディーチャンスにつけたい」と“リベンジ”を誓った。

あなたにおすすめの記事