ここから本文です

【DEEP】大塚隆史が赤尾セイジと6年ぶり再戦

2018/11/10(土) 19:48配信

イーファイト

 12月22日(土)東京・後楽園ホールで開催される『DEEP 87 IMPACT』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】2012年12月の初対戦で赤尾にパンチを放つ大塚

 第2代&第5代DEEPバンタム級王者・大塚隆史(T GRIP TOKYO)が第3代HEATバンタム級王者・赤尾セイジ(パラエストラ東大阪)と対戦する。

 大塚は打撃&タックルの強さを武器に、長きにわたってDEEP軽量級のトップに君臨。第3代DEEPフェザー級王者、第2代・第5代EEPバンタム級王者と3度王座に就いた。昨年は「RIZINバンタム級トーナメント」に参戦し、大みそかの準決勝まで進出したが石渡伸太郎に敗れ、今年8月にはビクター・ヘンリーと対戦したがKO負けを喫して今回が再起戦となる。

 赤尾は強力なパンチとタックルを武器に、2007年から長らくDEEPを主戦場に活躍してきたベテランファイター。これまでに中村優作や和田竜光といった強豪を破っている。2016年9月の『HEAT 38』で祖根寿麻(そね・かずま)を破り、第3代HEATバンタム級王者となった。

 両者は2012年12月のDEEPで対戦し、大塚が判定3-0で勝利している。リベンジマッチとなる赤尾は自身のブログで「強さは肌で知ってます。でも自分もあの時より遥かに強くなってます。6年間を試す試合になると思います。なんせこれ以上燃える相手はいないのでしっかり仕上げていきます」と意気込みを綴っている。

最終更新:2018/11/10(土) 19:48
イーファイト

あなたにおすすめの記事