ここから本文です

ホールアウト2時間後も大行列 “松山フィーバー”で富士の麓が大賑わい

11/10(土) 17:37配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目◇10日◇太平洋クラブ御殿場コース・静岡県(7,262ヤード・パー70)>

【写真】小さい子どもも「松山選手サインください!」

約1年ぶりに日本のファンの前に姿を見せている松山英樹。この日も朝から濃い霧が立ちこめる中にも関わらず、多くの観客が松山を見ようと練習場に集まっていた。

大会3日目のギャラリー数は6577人。昨年比で、実に2875人のプラスとなった。この日は、前日にサスペンデッドとなった第2ラウンドの残りが行われ、昼前には全選手がホールアウト。それでも、めったに見られない松山の姿を少しでも長く見ようと、クラブハウスや練習場からファンの姿が消えることはなかった。

第2ラウンドが終了した約2時間後も、クラブハウスには大勢のファンが松山の登場を待って行列を作っていた。「めったに見られないから、松山選手がまだコースにいるなら、とりあえず帰るまで待っていようと思って」と、サインを頼もうとキャップやボールを手に待ち続けるファンの姿があった。

これを受けて、急きょ松山のサイン会が行われることが決定。クラブハウス前には続々と列が続いていき、松山が現れると待ち望んだファンからは拍手や歓声が上がった。時間にして18分間、151人にサインを行うと、またしても盛大な拍手に送られ、コースを後にした。なかなか見られないビッグスターの登場に、大盛り上がりとなっている本大会。明日も大いに会場を沸かせてくれるに違いない。(文・谷口愛純)

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:11/10(土) 17:37
ゴルフ情報ALBA.Net

あなたにおすすめの記事