ここから本文です

岸、初の日の丸は血染めの力投 稲葉監督「あらためて素晴らしいと思った」

11/10(土) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇日米野球第1戦 侍ジャパン7―6MLB選抜(2018年11月9日 東京D)

 初めて日の丸を背負い、初戦の先発を任された岸(楽天)は4回1/3を3失点だった。今大会は80球の球数制限があり、5回無死一、二塁でメリーフィールドを空振り三振に仕留めたところで80球を超えた。「ずっと緊張していて楽しさはなかった」と振り返ったが、カーブを有効に使って持ち味の緩急で強力打線を翻弄(ほんろう)した。

 右手親指付近から出血しながらも「いつものことなので大丈夫」と力投。稲葉監督も「あらためて素晴らしいと思った」と絶賛した。

あなたにおすすめの記事