ここから本文です

【全日本】連覇かかる世界最強タッグへ諏訪魔&石川修司が「世界制覇だ!」

11/10(土) 16:45配信

東スポWeb

 全日本プロレスの暮れの祭典「世界最強タッグ決定リーグ戦」(13日、東京・後楽園ホールで開幕)を控えた9日、横浜市内のドン・キホーテ横浜西口店で「直前スペシャルイベント」が行われた。

 繁華街のど真ん中、約100人のファンを集めた公開会見場に巨体選手が続々と登場。参加各チームがそれぞれ意気込みを語る中で、“主役”を務めたのは昨年覇者で世界タッグ王者の諏訪魔(41)、石川修司(43)の暴走大巨人コンビだ。ベルトを肩にかけて登場すると、歓声とどよめきが響き渡った。

「やっと結果を出せるパートナーが見つかった」(諏訪魔)、「去年の大会で優勝し、ベルトを取った勢いを継続したい」(石川)と控えめな抱負を口にしたが、ここからが暴走大巨人の本領発揮だ。会見を終えた石川はおもむろに諏訪魔を肩車。「目標は日本一のタッグ」(石川)、「いや、世界制覇だよ」(諏訪魔)の言葉とともに、ランドマークタワーならぬ“暴走大巨人タワー”が横浜に完成した。

 野望は果てしない。大会連覇だけでなく、東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」最優秀タッグ賞の2年連続受賞も標的だ。さらに諏訪魔は「最強タッグを連覇したら石川選手とシングルで戦うよ。メイウェザーがああなったし、大みそかはオレたちがワンマッチで頂上決戦だ!」と高らかに宣言。すぐさま石川は「場所は町田でね」と呼応した。

 東京・町田市を盛り上げるイベント「町田プロレス」に出場経験がある2人。実現すればこれ以上ない地域貢献となるが、まずは最低条件の優勝を是が非でも取りにいく。

最終更新:11/10(土) 16:45
東スポWeb

あなたにおすすめの記事