ここから本文です

【侍ジャパン】稲葉監督、執念のタクト…「4番・山川」に代打 

11/10(土) 6:07配信

スポーツ報知

◆日米野球第1戦 日本7x―6全米(9日・東京ドーム)

 4年ぶりの開催となった日米野球の侍ジャパン―MLB選抜の開幕戦が行われ、日本は柳田の逆転サヨナラ2ランで白星発進となった。2点を追う9回に会沢の適時打で1点差に迫ると、2死一塁で柳田がバックスクリーンに特大サヨナラアーチ。メジャーの一発攻勢にも負けないど派手な一撃でスター軍団を粉砕した。先発したチーム最年長の岸は5回途中を4安打3失点、5三振を奪い、20年東京五輪へ猛アピールした。

 勝利への執念が全てに優先した。稲葉監督は逆転への最善策として、9回、4番・山川に代打・会沢を送った。異例の策は中前適時打となって実り、直後に柳田のサヨナラ2ランが生まれた。

 「とにかく勝つことを目標にしている以上、最善の努力をするということ。4番を代えるのは苦渋の選択だったが、会沢選手に懸けました」

 7日の台湾戦(ヤフオクD)から2戦無安打6三振の山川について、「自分のタイミング、間合いで打てていない」と判断。「勝つことにこだわる」という姿勢を、明確に示した一手だった。

 メジャーの力にスピードで食い下がり、逆転サヨナラにつなげた。世界最高捕手のモリーナから3盗塁。3回はエンドランを絡めて同点とした。「みんな思い切って仕掛けてくれた。足も絡められたので、最後いい結果に結びついた」と手応えを口にした。

 試合後の指揮官は山川を責めることはなく、「初のトップチームだし、まだまだこれから。もう少しやさしい打順で打たせようと思う」と打順を下げて復調を待つ考えを明かした。最大目標は東京五輪。勝ちにこだわりつつ、2年後に向けて采配面でも最善の手を打っていく。(宮脇 央介)

最終更新:11/12(月) 5:28
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事