ここから本文です

ハム宮西は残留 2年総額5億円で合意 “生涯ファイターズ”宣言も

11/10(土) 6:00配信

スポニチアネックス

 日本ハムの宮西尚生投手(33)が9日、札幌市内の球団事務所で海外FA権を行使せず残留することを表明した。2年総額5億円(出来高含む)で合意。新人から11年連続50試合(今季55試合)以上に登板し、37ホールドで2度目の最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した左腕は「最後までファイターズに貢献したいと思うし、やり抜きたいと決断した」と“生涯ファイターズ”を宣言した。

 5日に左肘の手術を受けて全治3~4カ月と見込まれている。23年3月には北海道北広島市内に新球場が稼働する予定。球団から新球場での登板を熱望された鉄腕は「やれない自信がないこともない」と意気込んだ。

あなたにおすすめの記事