ここから本文です

【フィギュアNHK杯】宇野昌磨SP首位も「一番心配していた」課題浮き彫り

11/10(土) 16:45配信

東スポWeb

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯(広島グリーンアリーナ)が9日に行われ、男子ショートプログラム(SP)では宇野昌磨(20=トヨタ自動車)がジャンプで転倒しながらも、92・49点で首位に立った。

 冒頭の4回転フリップを着氷したが、連続ジャンプにする予定だった次の4回転トーループで転倒。「全力を出した結果なので悔やんでも仕方がない。イメージ通りの失敗になってしまった」と振り返った。

 国内での大会でコンディション調整もしやすく、いい状態で試合を迎えたが「体が動き過ぎて、トーループは回り過ぎてしまった」。これまでにもあった失敗で「一番心配していた課題。最後に持ってきて、少しでも疲れた状態で跳ぶとか、対策を考えないといけない」と話した。

 全体的にも満足はできない内容。初戦のスケートカナダではレベル3だったステップに最高評価のレベル4がついたが「日本だからおまけかな? すごくいいステップだったとは思っていない」と自己評価は厳しかった。フリーに向けては「今さら何かすることはないので、全力で頑張ります」。会心の演技で気持ち良くGPファイナル(12月6日~、バンクーバー)進出を決めたいところだ。

最終更新:11/10(土) 16:45
東スポWeb

あなたにおすすめの記事