ここから本文です

マスターズ甲子園が開幕 熊本・多良木OBが選手宣誓

11/10(土) 11:46配信

朝日新聞デジタル

 元高校球児が出身校別に同窓会チームを組んで青春時代の夢を追う「マスターズ甲子園2018」(朝日新聞社共催)が10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。今年は16都道府県で予選があり、305チームが参加。4道県が初めて本大会に代表を送り、愛知は大府OB、和歌山は日高中津OB、北海道と長野は選抜チームが甲子園の土を踏んだ。

【写真】マスターズ甲子園の開会式で選手宣誓した多良木OBチームの山村修児さん(左)、一臣さん親子=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場

 開会式では来年3月で閉校となる多良木(熊本)OBの山村修児さん(61)、一臣さん(35)親子が「多良木高校は閉校になっても高校野球の精神や地域への感謝の思いを次の100年につないでいきます。母校や地域に感謝し、全身全霊でプレーすることを誓います」と選手宣誓した。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事