ここから本文です

三原 最終滑走の重圧に負けず3位発進 ジャンプ回転不足に「悔しい」も繊細演技見せた

11/10(土) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇フィギュアスケートGPシリーズ第4戦・NHK杯第1日 (2018年11月9日 広島県立総合体育館)

 三原は最終滑走の重圧に負けず3位と好発進した。冒頭のルッツ―トーループの連続3回転ジャンプは後半が回転不足。それでも繊細な演技で70・38点の好スコアをマークした。

 10月の近畿選手権を風邪で欠場して5日間も練習を休むアクシデントもあったが、16年スケートアメリカ以来のGP表彰台は射程圏。「緊張した中でも跳べる自信があったから回転不足が悔しい」と振り返り「最後まで気を引き締めて滑りたい」とフリーを見据えた。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ