ここから本文です

宇野 貫禄首位も 転倒で連続ジャンプできず不満「試合で動きすぎてしまう」

11/10(土) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇フィギュアスケートGPシリーズ第4戦・NHK杯第1日(2018年11月9日 広島県立総合体育館)

 演技終了後、宇野は思わず苦笑いを浮かべた。冒頭の4回転フリップに着氷したが、4回転―3回転の連続トーループの1本目で転倒。「率直にトーループが心残り」と振り返り「回りすぎて降りてしまった。試合で動きすぎてしまうのは僕の一番の失敗の要因」と分析。92・49点で首位発進したが、完璧な演技ができないことを悔しがった。

 10月のスケートカナダのSPでは後半のトリプルアクセルで転倒し、壁に激突。88・87点の2位スタートからフリーで修正して逆転勝利を飾った。「試合で動きすぎることをどうコントロールするか。今さら何かすることはない。全力で頑張る」。視野に入るのはGPファイナル初制覇。会心の演技で、次なる大舞台へ弾みをつける。

あなたにおすすめの記事