ここから本文です

<フィギュア>宇野 ミスに動じないメダリストの貫禄

11/10(土) 21:56配信

毎日新聞

 ミスにも動じず、宇野が五輪銀メダリストの貫禄を示した。

 冒頭の4回転サルコウは回転不足を取られ、連続ジャンプを二つ失敗したが、慌てなかった。ベートーベンのピアノソナタ「月光」に乗って、持ち前のスケート技術を生かした。二つのスピンで最高難度のレベル4を取るなどジャンプ以外の要素で加点につなげ、「失速してしまったが、気持ちでは負けてはいなかったと思う」と振り返った。

【宇野がNHK杯で優勝】フリーの演技を写真特集で

 SPでは4回転トーループをミスし、「思いきり跳んで、体が回りすぎてしまう。自分の体をコントロールできない」と悔やんでいた。フリーでも4回転トーループでバランスを崩す場面もあったが、「体が斜めにはなっていなかった」。前日からの修正点を確認し、自分なりに手応えをつかんでいた。

 強力なライバルが見当たらない大会で実力を示し、スケートカナダに続くGPシリーズ2連勝。GPファイナルへの出場も決めて、「練習してきたことを信じ、いい演技をしていきたい」と淡々と語った。【村社拓信】

最終更新:11/10(土) 23:31
毎日新聞

あなたにおすすめの記事