ここから本文です

少年野球教室にミスター欠席も…中畑氏「体調面は完全に復活しています」

11/10(土) 11:23配信

スポニチアネックス

 「第5回長嶋茂雄少年野球教室」が10日、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(82)の故郷・千葉県佐倉市で開催された。今年で5回目を迎える同教室。長嶋氏は毎回参加していたが、今年は体調を崩しており欠席した。

 教室には地元の少年野球20チーム約470人に加え、福島県いわき市の少年野球チーム約40人も参加。講師役の中畑清、槙原寛己、河埜和正、松本匡史、角盈男(みつお)、西本聖、定岡正二、篠塚和典、川口和久、元木大介各氏が球児にキャッチボール、打撃&守備指導などを行った。

 開校式では04年アテネ五輪・野球代表チームの指揮を脳梗塞で辞退した長嶋氏に代わりヘッドコーチを務めた中畑氏が挨拶。「今の体調、いろんな噂がたってます。ただ今日は元気であることを証明したいと思います。今、体調面は完全に復活しています。それなのに(教室に)来られないことをものすごく残念がっています。もうリハビリも完全に歩けるようになり今、全快に向け本当に一生懸命頑張っています。だから長嶋ファミリーのコーチ陣が最高のコーチングをしていきたいと思っています」と話した。

 なお長嶋氏は大会事務局を通じ「教室には、佐倉市の少年野球チームのほか、今回は、福島県いわき市から40名が参加しています。7年前になる、東日本大震災を体験した選手たちで、あの恐ろしかった出来事を、この野球教室で吹き飛ばして下さい(中略)今回の野球教室には残念ながら欠席させて頂きます。この夏の猛暑日続きの際、体調を崩し入院しました。身体は元気を回復しましたが、入院期間が延びた影響で、現在は少し弱った筋力を鍛えるリハビリに取り組んでいます」とメッセージを寄せた。

あなたにおすすめの記事