ここから本文です

菅田将暉、焼売の食べ方は「辛子だけ」

11/10(土) 14:48配信

スポーツ報知

 女優の趣里(28)が10日、東京・新宿ピカデリーで行われた主演映画「生きてるだけで、愛。」(公開中、関根光才監督)公開記念舞台あいさつに共演の菅田将暉(25)、仲里依紗(29)、西田尚美(48)と登壇した。

 感情をコントロールすることが苦手な引きこもりの女性・寧子(趣里)とゴシップ雑誌の編集者・津奈木(菅田)。2人が出会い、分かり合えるまでの姿を描いたラブストーリー。趣里は「寧子は一見表現の仕方が激しいけど、人間みんな心に何か持っている。共感しました」と振り返った。

 タイトルにちなみ、愛してやまないものを「〇〇だけで、愛。」の形で発表するフリップトークが展開されれると、菅田は「焼売(シューマイ)には辛子だけで、愛。」と回答。というのも、マネジャーとシューマイの食べ方で論争が起きたと明かし、「俺は辛子だけ。でも、しょうゆ派、ラー油派といる」とシューマイの食べ方が多岐にわたると分析した。趣里は「辛子酢醤油(しょうゆ)」と答えると、西田と関根監督が共感。仲は「酢醤油と、ゆずこしょう」といい、菅田は「人それぞれなんですね」としみじみ話した。

最終更新:11/12(月) 5:30
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事