ここから本文です

和毅 対戦相手が調印式遅刻も“大人の対応”「いろいろ経験してきましたから」

11/10(土) 15:02配信

スポニチアネックス

 プロボクシングのWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦(12日、後楽園ホール)の調印式が10日、東京・文京区の後楽園ホール展示会場で行われ、同級2位の亀田和毅(27=協栄)が“大人の対応”を見せた。

 同級1位アビゲイル・メディナ(30=スペイン)が時差の影響か、ホテルで朝食後に眠ってしまい30分以上も遅刻。待たされた和毅は「海外の選手だと、よくあることなのでフツーです。早く来た方じゃないですか。昔の自分だったらイラッとしたでしょうけど。メキシコでいろいろ経験してきましたから」と笑い飛ばした。

 もっとも世界戦の実現を待っていた時間に比べれば、30分など意に介するレベルではない。「3年間チャンスがなくて…結構、長かったけど、あと2日で世界チャンピオンになるので、あと2日の我慢。亀田家の思いを全部背負って最高の試合をして亀田家の大復活します」と力強く宣言した。

 元WBO世界バンタム級王者の和毅が勝利すれば、3兄弟そろっての複数階級制覇となり、「3兄弟世界王者」「3兄弟の同時世界」に続き3つ目のギネス記録となる。和毅は「過去最高」と仕上がりにも自信を持っており「KOでも判定でも絶対に勝つことは間違いない」と言い切った。

 一方、協栄ジムの金平桂一郎会長は「メディナのたくわえた顎ひげにはルールに抵触すると思う。あす(11日)のルールミーティングで確認します」と予告。それを聞いたメディナ側は不快感をあらわにし“場外戦”勃発の可能性も出てきた。

あなたにおすすめの記事