ここから本文です

長崎 17位以下確定…ホームサポーター後押しも横浜に敗戦 GK徳重PKストップも

11/10(土) 15:58配信

スポニチアネックス

 ◇明治安田生命J1リーグ第32節 長崎0―1横浜(2018年11月10日 トラスタ)

 明治安田生命J1リーグ第32節は10日、各地で8試合が行われ、最下位の長崎はホーム・トランスコスモススタジアム長崎で横浜に0―1で敗戦。勝ち点29から伸ばせず、J2自動降格圏の17位以下が確定した。

 長崎は前半13分、MF飯尾がペナルティーエリア内で横浜FW遠藤を倒してPKを献上したが、GK徳重がFW伊藤のキックを右手一本で魂のセーブ。大きなピンチをしのいで前半をスコアレスで折り返した。しかし後半29分、その伊藤に先制点を決められてリードを許すと、少ない好機を生かせず、1点が奪えぬままホームのサポーターの前で黒星を喫した。

 今季J1初昇格を果たした長崎は、開幕6試合未勝利と苦難のスタートとなったが、4月11日の第7節・清水戦(アイスタ)で1―0で初勝利を挙げると、G大阪、柏、磐田を連破し4連勝で9位に浮上。しかし、戦力不足に加えてW杯中断明けには故障者も続出。8月未勝利に終わるなど苦戦し、第23節には最下位に転落すると、その後巻き返せぬまま2試合を残して17位以下が確定した。

 17位以下が確定した長崎だが、降格はまだ決定せず。J1ライセンスを持たない町田がJ2で2位以内に入ればJ1の自動降格は最下位18位の1チームとなるためで、その場合17位のチームはJ1参入プレーオフに出場することになる。

あなたにおすすめの記事