ここから本文です

午後6時半に眠る美人プロ松田鈴英が首位浮上 初Vへ「寝ただけ力になります」

11/10(土) 16:15配信

スポーツ報知

◆女子プロゴルフツアー伊藤園レディス 第2日(10日、千葉・グレートアイランドC=6741ヤード、パー72)

【写真】「恥ずかしかったけど…」水着姿を披露したアン・シネ

 首位と2打差の3位からスタートした美人プロ松田鈴英(れい、20)=ニトリ=が8バーディー、1ボギーの65で回り、通算11アンダーとして単独首位に浮上した。「(午後)6時半から7時に寝ています。寝ただけ力になります」という“眠れる美女”が最終日最終組で念願の初優勝を狙う。1打差2位は今季2勝を挙げている韓国の黄アルム(31)=フリー=。さらに1打差の3位に永井花奈(21)=デンソー=らが続く。今大会を勝てば4年ぶり4度目の賞金女王が確定する韓国のアン・ソンジュ(31)=モスバーガー=は3打差5位につける。

 実力、人気ともに急上昇中の松田が、この日のスコアボードでトップまで急上昇した。5番パー5で2オンに成功し、楽々のバーディーを奪うなど7つもスコアを伸ばし、単独首位に立った。

 167センチ、54キロとモデル並みの細身ながらドライバー飛距離ランク9位(247・371ヤード)の飛ばし屋。そのパワーの源のひとつは豊富な睡眠時間だ。「普段は午後6時半から7時に寝ています。昨日(9日)は結構、遅くて8時に寝ました。ぐっすり眠れました。寝ただけ力になります」と笑う。睡眠時間は約10時間、長い日では約12時間。まさに「寝る子は育つ」だ。

 もちろん、ただ寝るだけではない。ツアー遠征先のホテルに戻った後は毎日、筋力トレーニングを欠かさない。大会前の毎週火曜日には専門トレーナーの指導のもと筋力アップに励んでいる。重点的に鍛えているのは「おケツです」とほほ笑む。

 今季ツアー本格参戦1年目ながらトップ5入り5回。現在、賞金ランク15位で初の賞金シードを獲得。トップ25選手だけが出られる最終戦のツアー選手権リコーカップ参戦も確実としている。残るターゲットは初優勝だけだ。「今年中に勝ちたい」と固い決意を明かす。

 2週前のNOBUTAグループマスターズGCレディースに続いて、2度目の最終日最終組に臨む。前回は15番終了時点で首位と1打差まで迫ったが、残り3ホールで3つスコアを落とす大崩れ。4位に沈み、悔し涙を流した。「一度、経験しているので大丈夫と思います。何があるか分かりませんが。前回の経験を生かしたい」と松田は静かに話した。

 1打差で黄アルム、3打差でアン・ソンジュの実力者が追う。「プレッシャーのかかる試合の前でも夜は眠れるんです。眠れなかったことはありません」とニッコリ。念願の初優勝を飾れば、さらなるブレークは必至。“眠れる美女”が覚醒する時が近づいている。

最終更新:11/11(日) 7:42
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事