ここから本文です

児童文学作家の森比左志さん死去

11/10(土) 21:45配信

時事通信

 森 比左志さん(もり・ひさし、本名森久保仙太郎=もりくぼ・せんたろう、児童文学作家・翻訳家)9日午前0時、心筋梗塞のため東京都内の自宅で死去、101歳。

 相模原市出身。葬儀は14日午後0時30分から東京都中野区中央2の33の3の宝仙寺で。

 「こぐまちゃんえほん」シリーズや「ちいさなきいろいかさ」などの作品や、米絵本作家エリック・カールの「はらぺこあおむし」の翻訳などを手掛けた。100歳を過ぎても講演などの仕事を続けていたという。 

最終更新:11/10(土) 21:58
時事通信

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ