ここから本文です

【武蔵野S】4番人気インカンテーションは4か月ぶりで6着 三浦騎手「いい感じで次走にいける」

11/10(土) 16:58配信

スポーツ報知

 ◆第23回武蔵野S・G3(11月10日・ダート1600メートル、東京競馬場、稍重)

 16頭によって争われ、戸崎圭太騎手が騎乗した単勝1番人気のサンライズノヴァ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎、父ゴールドアリュール)が直線一気の差し切り勝ち。豪快な3連勝で重賞2勝目を飾った。勝ち時計は1分34秒7。同馬にはチャンピオンズC(12月2日、中京)への優先出走権が与えられた。

 2着は7番人気のクインズサターン(四位洋文騎手)。3着には2番人気のナムラミラクル(クリストフ・ルメール騎手)が入った。

 三浦騎手(インカンテーション=6着)「リズムが良かったぶん、3コーナーで他馬にぶつけられたのが痛かった。力のあるところを見せてくれましたし、休み明けとしてはいい内容でした。いい感じで次走にいけると思います」

最終更新:11/12(月) 5:02
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事